海外情勢

中国、30年前の先見 外資採掘禁止でレアアースの世界シェア独走 (2/2ページ)

 3.輸出入

 上海有色網によると、中国は軽希土類が余剰で輸出の多くを占めている。だが、中・重希土類は国内で不足しており、輸入で穴埋めする必要があるという。

 中国税関総署のデータによれば、18年の輸出は3.6%増の約5万3000トンだった。13年以降、輸出は毎年増えている。米国は永久磁石の主な輸出先で、購入の80%を中国に依存している。

 中国の業界団体によると、昨年の輸入は約7万トンに倍増。初めて主要な輸入国となった。

 4.用途

 上海有色網によれば、中国のレアアース消費の約44%が永久磁石だった。

 5.国内に供給不足感

 新エネルギー車(NEV)に使われる永久磁石のニーズ拡大で需要が伸びており、国内生産に上限が設けられる中で輸入依存が強まっている。

 今年に入り、中国政府は最初の生産枠として6万トンを付与。1年前の7万3500トンから減少した。18年全体の枠は12万トンだった。(ブルームバーグ Winnie Zhu)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus