海外情勢

米IPO、圧勝400億ドル 上半期 欧州7年ぶり低水準、アジア44%減 (2/2ページ)

 有望予備軍も多数

 米モルガン・スタンレーの米州株式資本市場部門を率いるポール・ドナヒュー氏は7~9月期、それ以降も米IPOの活況が続くと予想する。同氏は「素晴らしい上場予備軍がたくさんある。今後2年にわたって上場する可能性がある」と指摘する。

 一方、欧州の低迷について、コンサルティング会社アーンスト・アンド・ヤング(EY)で欧州・中東・インド・アフリカ地域向けにIPO助言サービスを行う部門を率いるマーティン・スタインバッハ氏は「欧州は世界貿易への依存度が他地域よりも高く、地政学的な不確実性への感度が高い」と説明する。

 ただ、同氏は欧州のIPO市場は4~6月期に件数が増えたことに注目している。上半期に欧州株式市場へ新規上場した案件の6割以上が4~6月期に実施されており、「下半期以降は勢いに乗るはずだ」と予想している。(ブルームバーグ Crystal Tse、Swetha Gopinath)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus