海外情勢

フィリピン、九州企業の投資を誘致 パートナーシップ強化の覚書に署名

 フィリピン投資委員会はこのほどマニラ首都圏マカティ市で、同国を訪問した九州経済国際化推進機構(KEI)の麻生泰会長とパートナーシップ強化に関する覚書に署名した。経済紙ビジネスワールドが伝えている。

 フィリピンは近年、重工業、原材料を製造する川上産業など産業基盤を強化する投資誘致に取り組んでおり、今回の覚書で、九州地域に拠点を置く企業からの投資誘致を進めたい考え。

 同投資委員会議長を務めるラモン・ロペス貿易産業相は、「日本の九州(の産業界)は新しい貿易相手を探していると聞く。産業基盤強化に向けた投資誘致策を持つフィリピンにとって、ぴったりの相手だ」と述べた。

 ロペス氏は九州の企業からの投資の優先分野として、電子機器の受託生産、自動車および自動車部品、航空宇宙産業関連の部品、化学物質、造船、デザイナー仕様家具と衣服、農業ビジネスなどをあげた。

 その上で、フィリピンは世界第2位の地熱エネルギー生産国としてクリーンエネルギーを提供できるほか、大量に電力を使うエレクトロニクス製品の製造に有利である点を強調した。(シンガポール支局)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus