海外情勢

「リブラ」は米基準順守必要 米財務次官、マネロン対策を念押し

 米フェイスブックが計画している仮想通貨「リブラ」について、マンデルカー米財務次官(テロ・金融犯罪担当)は10日、実現にこぎ着けるには米国のマネーロンダリング(資金洗浄)対策基準を順守する必要があるとの見解を示した。

 マンデルカー次官はスイスの首都ベルンにある米国大使館で記者団に対し、米政府は「極めて注意深くリブラを見ている」とし、法人登録先がどこかにかかわらず、「実現には米国の基準を満たす必要がある」と述べた。また「何度も念押ししているのは、リブラを実現するには、マネーロンダリングとテロ資金をめぐる適切な対策を整備することが必要という点だ」と指摘した。

 マンデルカー次官は、スイスの金融市場監督当局であるFINMAなど同国当局との会合に向かう前に発言。フェイスブックは6月、リブラの運営母体をスイスのジュネーブに置くと発表している。(ブルームバーグ Hugo Miller)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus