5時から作家塾

フィリピン訪れる日本人、初の60万人超 改善する治安の影で増える問題 (3/3ページ)

 ドゥテルテ大統領の強力な政策でマニラを含むルソン島の治安は確かによくなったが、一方、元々治安がよいとされてきたセブ島などが悪化傾向にあるとセブ島でオンライン英会話スクールを営む日本人は話す。マニラなどからならず者が地方へ移動しているからだという。

 治安改善は国民も織り込み済み、政権はこれから正念場

 治安改善には成功しつつあるドゥテルテ政権は、これからが正念場となる。治安はよくなっているが、経済状況は横ばいだからだ。

 この数年の経済成長率は、2014年6.15パーセント増、15年6.07パーセント増、16年6.88パーセント増、17年6.68パーセント増、18年6.2パーセント増、19年(予測)6.48パーセント増(いずれもIMFより)と着実に中成長を遂げているも横ばい状態が続く。

 また、フィリピン国家統計局による失業率を見てみると、2014年6.6パーセント、15年6.3パーセント、16年5.5パーセント、17年5.7パーセント、18年5.3パーセントと緩やかに改善はしてしるが、雇用自体がそれほど増えていないことを示している。

 しかし、ドゥテルテ大統領は、就任当初からまず治安改善を最優先させて、それから経済へ着手する方針を示してきたので国民にとっては織り込み済みといったところか。あふれるストリートチルドレンや激悪の交通状態、ニノイ・アキノ国際空港の老朽化や利便性の向上など短期滞在者視点でも注目したい課題は多い。ドゥテルテ政権の真価が問われるのはまさにこれからだろう。(筑前サンミゲル/5時から作家塾(R)

5時から作家塾(R)
5時から作家塾(R) 編集ディレクター&ライター集団
1999年1月、著者デビュー志願者を支援することを目的に、書籍プロデューサー、ライター、ISEZE_BOOKへの書評寄稿者などから成るグループとして発足。その後、現在の代表である吉田克己の独立・起業に伴い、2002年4月にNPO法人化。現在は、Webサイトのコーナー企画、コンテンツ提供、原稿執筆など、編集ディレクター&ライター集団として活動中。

5時から作家塾(R)のアーカイブはこちら

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus