海外情勢

EU「5G網、サイバー攻撃リスク」 報告書公表 ファーウェイ示唆

 欧州連合(EU)は9日、第5世代(5G)移動通信システムのリスク評価報告書を発表し、5G網を通じ「EU域外国や国家の支援を受けた者」が絡むサイバー攻撃などが「最も深刻で、可能性が高い」脅威だと警告した。名指しは避けたが、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)を示唆した形だ。

 違法情報収集や攻撃を行うハッカーが侵入する「バックドア(裏口)」の組み込みなどのリスクを回避するため、特定企業に大きく依存するのは避けることも促した。

 5Gをめぐり、トランプ米政権は安全保障上の理由からファーウェイを排除するよう求めているが、EUは採用の是非を加盟国の判断に任せている。英政府はファーウェイの参入を認め、英大手通信事業者が製品を採用。ドイツも排除はしない方針だ。

 EUは一方で安全性の審査を強化し、リスク情報を欧州委員会と加盟国で共有する方針を示している。今回の報告書もその一環。(ブリュッセル 共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus