海外情勢

不正背後に“1頭のクジラ” ビットコイン急騰、米研究者が新説

 米国の2人の研究者が昨年、ビットコインの2017年の天文学的値上がりは恐らく市場操作によって引き起こされたとの説を発表して物議を醸した。両氏は今回、その不正行為の背後にいたのは価格を動かす力を持つ「たった一頭の市場のクジラ」だった可能性が高いという驚くべき説を追加した。

 テキサス大学のジョン・グリフィン教授とオハイオ州立大学のアミン・シャムス教授によると、仮想通貨交換所ビットフィネックス上のある参加者は、ビットコインの価格が特定のしきい値を下回るとそれを押し上げる力があるようだ。両教授は18年に発表した当初の論文を更新し、ビットコインを押し上げる取引には、1ドルの価値を持つことになっているデジタルトークンのテザーが利用されていると指摘した。

 「われわれの研究結果は、ビットコインの価格を動かすのは数千人の投資家ではなく、たった一人の強大な投資家であることを示唆している」とグリフィン氏はインタビューで述べた。 「今から数年後に人々は、正体も分からず監督の目も行き届かない相手に、投資家が数十億ドルを手渡したと知って驚くだろう」と語った。

 テザーは論文の内容を否定。法務顧問のスチュアート・ヘーグナー氏は、論文は不十分なデータセットに基づいているため「基本的に欠陥がある」とのコメントを出した。

 ビットフィネックスとテザーは同じ幹部が運営・管理しており、これまでにも議論の的になってきた。テザーは1コインに1ドルの裏付けがあるとする主張にも、疑義を呈するトレーダーは多い。

 ビットコインが操作されたというグリフィン、シャムス両氏の仮説は、新しいテザーがドルの裏付けなしに生み出され、ビットコイン購入に使われたため、ビットコイン価格が上昇したという理論に一部基づいている。

 著者らは17年3月1日から18年3月31日までのテザーとビットコインの取引を調査し、ビットコインの価値が一定幅低下するとビットフィネックスでのビットコインの購入が増えたことを発見した。ビットフィネックス上での取引でビットコインの価格を動かしたと思われる取引主体の名前は示されていない。両氏は最新の研究内容をブルームバーグ・ニュースと共有した。(ブルームバーグ Matthew Leising、Matt Robinson)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus