国内

「気候非常事態宣言」目指し議連発足へ 会長に自民鴨下氏 

 気候変動や異常気象が世界的に進む事態を受け、今国会で「気候非常事態宣言」の決議を目指す超党派の議員連盟が発足することが13日、関係者への取材で分かった。20日に国会内で設立総会を開く。会長には鴨下一郎元環境相(自民党)が就く予定。

 気候非常事態宣言は、地球温暖化などの気候変動により地球環境の持続可能性が失われかねないとの危機感を示し、対策に取り組む決意を示す。環境省によると、すでにカナダやフランス、イタリアなどの議会が表明している。

 議連の世話人には、公明党の斉藤鉄夫幹事長や立憲民主党の福山哲郎幹事長、国民民主党の古川元久代表代行、共産党の小池晃書記局長、日本維新の会の馬場伸幸幹事長らが党派を超え名を連ねる。

 今後議論を深め、各党で地球温暖化対策のアクションプラン(行動計画)の策定を目指す。ただ、決議には国の温室効果ガスの排出削減量の上積みや石炭火力発電所の廃止などの具体策は盛り込まない見通しだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus