国内

小泉環境相、「ポストコロナ」見据え省内に勉強会

 小泉進次郎環境相は23日の記者会見で、新型コロナウイルス収束後を見据え、生態系と共生する社会像の在り方を議論する勉強会を来月3日に省内に設置すると発表した。「ダニ先生」として知られる昆虫学者の五箇(ごか)公一氏が座長を務める。

 名称は「コロナ後の日本の未来と希望を考える会」(通称・五箇勉強会)。メディアアーティストの落合陽一筑波大准教授、ゴールドマン・サックス証券のキャシー・松井副会長、京大の山極寿一総長らの有識者が参加する。

 小泉氏は「コロナ危機は生態系からこのままではいけないという人類に対するメッセージだ」と強調。社会経済学の観点から生物多様性の維持について議論し、環境省の政策に反映させる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus