海外情勢

米タイソンの鶏肉輸入停止 中国、工場集団感染受け方針転換

 中国当局は28日までに、新型コロナウイルスへの数百人の従業員の感染が確認された米タイソン・フーズの工場からの鶏肉輸入を停止することを明らかにした。

 アーカンソー州スプリングデールの工場から中国の港に到着したか、近く到着する全製品を税関当局が押収する。数日前の段階で、中国当局は北京での新たな感染拡大の原因が食品である可能性は低いと説明していたが、今回の発表は方針転換となる。

 北京のコンサルティング会社ブリック・アグリカルチャー・グループのシニアアナリスト、リン・グオファ氏は「米国での深刻な感染拡大をめぐり、中国には懸念が存在する。北京の感染者のほぼ全員が食肉・冷凍魚卸売市場との関係が指摘されており市民の間には輸入冷凍製品への不安がある」と指摘した。(ブルームバーグ Marion Dakers、Michael Hirtzer)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus