国内

Go Toは慎重に対応を 公明山口代表

 公明党の山口那津男代表は16日の中央幹事会で、政府が22日から始める観光支援事業「Go To トラベル」の実施について慎重な対応を求めた。「新型コロナウイルスの全国的な感染状況をよく見極めた上で、慎重に対応するような手立てを講じてもらいたい」と述べた。

 山口氏は「東京都と政府が役割分担をし、感染拡大の防止と社会経済活動を両立できるよう連携してもらいたい」とも強調した。14日の記者会見では、「感染が心配だから(事業を)やめるというのは過度の対応だ」と述べ、事業の全面的な中止には否定的な考えを示していた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus