海外情勢

ファーウェイ初のスマホ世界首位 サムスン抜く

 米調査会社IDCは30日、世界の2020年4~6月期のスマートフォン出荷台数で、中国の華為技術(ファーウェイ)の市場シェアが20・0%となり、初めて首位に立ったと発表した。台数は5580万台だった。

 2位は韓国のサムスン電子、3位は米アップル。新型コロナウイルス感染症による経済低迷の影響で、世界全体の出荷台数は前年同期比16・0%減の2億7840万台だった。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus