海外情勢

TikTok米事業売却に障害 輸出規制改定で中国の承認必要に

 北京字節跳動科技(バイトダンス)が短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業を売却するには、中国政府が新たに導入した人工知能(AI)技術の輸出規制の下で当局への承認申請が義務付けられる。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

 中国商務省は8月28日遅く、輸出制限対象リストの改訂版をウェブサイトに掲載。音声認識やテキスト認識、個人に適したコンテンツを推奨するためのデータ分析に関するAI技術が追加された。「国家経済の安全を守るため」の措置で、技術の海外移転に政府の許可が必要になるとした。

 同関係者によると、新たなルールはバイトダンスがティックトックで使用する技術が対象となり、同社はいかなるディールでも政府に承認を求める必要がある。同ルールは売却を遅らせることが狙いで、全面禁止ではないと同関係者は匿名を条件に明らかにした。中国の外務省と商務省にコメントを要請したが、今のところ返答はない。

 トランプ政権にティックトックの米事業売却を迫られているバイトダンスは発表文で、新たなルールについては承知しており、技術輸出に関する中国政府の規制を「厳守する」と表明した。関係者によると、同社幹部は新ルールの理解に取り組んでいるが、既に対立する米中両国政府をディール計画で満足させることは一段と困難になる恐れがあるという。

 中国政府から新たに承認を得る必要が出たことで、ディールは遅れる公算が大きく、妨げられる恐れもある。中国政府の審査には時間がかかるため、ティックトックのディールは11月の米大統領選挙後にずれ込む可能性もあると関係者は話した。(ブルームバーグ Sharon Chen、Steven Yang)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus