海外情勢

中国の8月非製造業PMIは55.2と18年来の高水準 回復続く

 中国のサービス業活動を測る8月の政府の指数は前月から上昇し、2018年1月以来の高水準となった。一方、製造業の指数は若干低下した。

 国家統計局が31日発表した8月の非製造業購買担当者指数(PMI)は55.2と前月の54.2から上昇。予想は54.2だった。活動拡大・縮小の分かれ目は50。

 製造業PMIは51と、7月の51.1から低下した。エコノミスト予想は51.2への上昇を予想していた。

 中国景気は1~3月に低迷したものの、政府による需要押し上げの投資や外国の経済活動再開に伴う輸出に支えられ、回復が続いている。

 サービス産業も政府が新型コロナウイルス対策を緩和し映画館なども再開したことで上向いている。

 コメルツ銀行の新興国市場担当シニアエコノミストの周浩氏は、サービスセクターは新型コロナ感染拡大による影響を大きく受けたが、予想を上回るPMIデータは回復が始まっている状況を示していると指摘。製造業データの軟調は「新型コロナ後の経済回復の中で工業セクターのモメンタムが安定してきた」ことを示唆すると述べた。(ブルームバーグ Sharon Chen、Lin Zhu)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus