海外情勢

ウォルマートもドローン宅配の試行スタート アマゾンに追走

 米小売り最大手ウォルマートは9日、ノースカロライナ州ファイエットビルの店舗から食料品や家庭用品をドローンで運ぶ試行を開始したと明らかにした。米国で自宅にいながら買い物する人が増える中で、電子商取引(EC)で優位な立場にあるアマゾン・コムに対抗しドローン宅配競争に参戦した。

 このドローンはイスラエルの新興企業フライトレックス・アビエーション社製で、同社のウェブサイトによると、最大約3キログラムの荷物を約10キロメートル運ぶことができるという。ドローンは店舗近くの離着陸場から飛び立つ。

 ウォルマートはアマゾンの「アマゾンプライム」に対抗する有料会員サービス、「ウォルマート+(プラス)」を15日に開始する。

 アマゾンはドローンで先行しており、先月、米連邦航空局(FAA)からドローンを利用した「航空運送業者」としての指定を受けている。

 こうした用途向けとして昨年公表したドローンを活用し、米国で自社初の商用配達を試験的に開始できる。(ブルームバーグ Matthew Boyle)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus