国内

安さだけじゃない魅力「リユース着物」 海を渡りモンゴルにも

 【近ごろ都に流行るもの】

 良いものを受け継ぐ。サスティナブル。エコロジー。歴史と伝統…。はからずも、現代の価値観を凝縮している日本の着物。その魅力を問う斬新な「リユース着物」催事が、都心の老舗百貨店で開かれている。百貨店であえて中古を売る決断は、江戸時代の呉服商としての原点回帰の意義もある。コロナ断捨離で家に眠る着物が中古市場に放出されるなど、流通も新たなフェーズを迎えている。(重松明子)

 高島屋日本橋店(東京都中央区)。「リユースきもの魅力再発見フェア」初日、24日の開店とともに訪れた。年間約100万枚の中古着物を買い取る最大手「バイセルテクノロジーズ」(本社・東京都新宿区)が供給した2000点以上が並び、バリエーションは実に豊富だ。

 さいたま市のパート事務女性(61)は、5000円の絞り染めのきものと1万円の型染めの帯を購入。「大満足。これを着てお芝居を見に行きたい。昨年、母が遺(のこ)した着物を生かしたいと着付けを習い始め、今はすっかりはまっています」とにっこり。色留め袖と帯を計16万円で購入した年配女性は、「着物を選ぶ基準は好きかどうか。状態も良く、リユースは嫌という気持ちは全くない」。

 会場には、着付け動画で人気のユーチューバー「すなお」さんがコーディネイトした着物と帯のセット(本体価格2万円)や、華麗な加賀友禅の振り袖(8万8000円)などが目を引く。人間国宝の作家モノまである。

 仕立て直しやリフォームの相談、買い取りコーナーも設置。これほど多角的なリユース着物の百貨店催事は珍しい。

 「着物の楽しさを追求したら、リユースに行きついた。着物はもともと自由なもの。組み合わせの楽しみを再発見していただきたい」と同店呉服部の宇野万貴子部長。平成4年の新卒入社以来、呉服一筋。新品販売が当然の百貨店でマイナスイメージになるとの不安はなかったのか?

 「正直その心配があり、これまで着手できなかった。しかし、高島屋が呉服店として創業した天保2(1831)年当時は中古の売買が当たり前でした。歴史が巡って、現代の価値観も多様化。新品ピカピカだけではない、リユースの良さが共感されている」

 将棋の藤井聡太二冠が棋聖戦で身に着けた袴(はかま)「仙台平」が話題になるなど、男性和装への関心を受けて、一角にメンズも用意した。

 カラー診断コーナーも予約で満席だ。緋色、藤色、とび色、えび茶…。和の32色の絹ちりめんを襟元に次々と当ててゆく。「着物は体全体にまとうもの。似合う色を身に着けることは、洋服以上に大切なんです」と、担当する着物スタイル協会の真壁しおり代表理事。「肌色がブルーベースなら真っ白、イエローベースなら黄色みがかった半襟に重ねて、その方の雰囲気を見ながら引き立つ色を見つけます」

 この日は、台風12号の接近にもかかわらず、目標を上回る100人超がお買い上げ。同店では30日で終了するが、来年2月まで各地の高島屋で内容を変えながらリユース着物催事を展開するほか、10月4日には千葉県の柏店で常設の売り場もオープンする。

 「当社としても百貨店のお客さまへのリーチやブランド力は非常に魅力的。リユース品への抵抗感がなくなり、ポジティブに捉える顧客が増えてきている中、百貨店側の意識も変わってきた」と、バイセルテクノロジーズ社長室の広報担当者は評価する。

 同社は5年前のリユース事業開始以来、継続して増収増益を達成。売上高は一昨年101億円、昨年は128億円に伸ばしている。

 元手となる出張買い取りは切手や貴金属、時計など多岐にわたるが、半数以上を着物が占める。今年はコロナ禍で一時的に減ったものの、逆に巣籠もりによる片付け・断捨離で買い取り依頼が回復したという。

 染色、織り、刺繍(ししゅう)など日本伝統の技と粋が詰まったリユース着物は海を渡り、モンゴルの民族衣装「デール」にもリメークされている。親日の気風で著名人が着用したり、デールに仕立て直す授業が行われたりしているそうだ。日本人自身が大切さに気付かなければ、もったいない。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus