国内

今日から税金・制度変更、第3のビール・たばこ値上げ

 10月1日から暮らしに関係の深い税金や制度が変わる。安さで人気のある第3のビールは増税になり、店頭でも値上げとなる見通しだ。ビールは減税で値下がりする。ワインやたばこが増税で値上げとなる一方、NHK受信料は引き下げられる。65歳以上の人などへのインフルエンザワクチン優先接種が始まり、今年8月以降に生まれた0歳児へのロタウイルス胃腸炎ワクチンは定期接種(原則無料)となる。

 生活保護基準見直しの一環として、一部世帯で食費や光熱費に充てる「生活扶助」が減額になる。自己都合退職の場合に失業手当を受け取るまでの期間が3カ月から2カ月に縮まる。転職しやすい環境を整える狙い。最低賃金は地方都市を中心に40県が順次1~3円引き上げる。

 第3のビールは350ミリリットル缶1本当たり9.8円の増税、ビールは7円の減税になる。店頭価格は小売り各社がそれぞれ決めており、10月以降の価格は増減税額を目安に変わりそうだ。

 キリンビールはビール減税を好機と捉え、国内で初めて糖質ゼロのビールを10月6日に発売する。サッポロビールも11月にビールの新商品を売り出す。ワインはボトル1本(750ミリリットル)当たり7.5円増税、日本酒は一升瓶1本(1800ミリリットル)当たり18円減税になる。

 日本たばこ産業(JT)は紙巻きと加熱式など計224銘柄を1箱10~100円、米フィリップモリスが1箱20~50円、英ブリティッシュ・アメリカン・タバコも10~60円それぞれ値上げする。NHK受信料は地上波だけの契約では月額35円、衛星放送も見られる契約は60円それぞれ値下げとなる。

 政府は観光支援事業「Go To トラベル」の割引に東京発着の旅行を追加する。飲食に使えるポイントを付与する「Go To イート」の予約も始まる。

 東京五輪・パラリンピックに伴い開発が進んだ晴海エリアなど、東京の臨海部と都心を結ぶバス高速輸送システム(BRT)の運行がスタートする。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus