国内

東証取引停止「大変遺憾」 官房長官、原因究明を指示

 加藤勝信官房長官は1日午前の記者会見で、日本取引所グループ(JPX)傘下の東京証券取引所でシステム障害が発生し、株式全銘柄の売買が停止したことについて「マーケットの重要なインフラである取引所で取引が行えなくなるということは、投資家にとっても取引の機会が制限されることであって大変遺憾だ」と述べた。

 金融庁からJPXと東証に原因究明と復旧を指示したことも明らかにした。サイバー攻撃などの可能性に関しては「現時点でそうした情報は確認していない。確たることを申し上げる状況にはない」と語った。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus