国内

平井担当相、マイナンバーカードのセキュリティー向上策に多要素認証検討

 平井卓也デジタル改革担当相は30日、フジサンケイビジネスアイなどのインタビューに応じ、マイナンバーカードのセキュリティーを向上させるため、カードを使って電子申請などを行う際の本人確認に、現在の暗証番号に加え顔認証といった生体認証を追加し、複数の要素で本人確認する多要素認証の導入を検討していることを明らかにした。

 多要素認証は本人が持っているカードやスマートフォンなどの「所有」、本人しか知らない暗証番号などの「知識」、本人の指紋などの「生体」の3つの異なる要素を組み合わせて本人確認を行うセキュリティー対策。暗証番号と出身小学校を聞くといった同じ要素を2つ組み合わせる2段階認証よりも厳格な手法とされる。

 マイナンバーカードを使って電子申請を行う場合は、カードと暗証番号が必要で、既に「所有」と「知識」の2要素で本人確認をしているが、平井氏は「セキュリティーを考えると多要素認証が必要だ。生体認証を入れることを検討している」と述べた。

 安心・安全なデジタル社会の実現には、なりすましなどを防ぐため、確実な本人確認が重要となる。NTTドコモの電子マネー決済サービス「ドコモ口座」などを利用した不正な預金引き出し問題でも、本人確認が不十分な場所が狙われ、被害が拡大しており、マイナンバーカードのセキュリティーの強化を図る。

 一方で新型コロナウイルス対策で実施した10万円の特別定額給付金のオンライン申請では、マイナンバーカードの暗証番号を忘れて、再設定のために役所に多くの住民が殺到する事態が発生した。暗証番号の代わりに生体認証を導入する議論もあるが、この点については「今後の大きなテーマ」と述べるにとどめた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus