ニュースレビュー

10.11~15 海外

 ■中国、カンボジアがFTA締結

 中国とカンボジアは12日、自由貿易協定(FTA)を締結した。両国の担当閣僚がオンラインで手続きを行った。カンボジアにとって2国間で結ぶ初のFTA。今年1月に本格交渉を開始し、異例の短期間で締結に至った。両国は近年、関係が緊密化しており発効を急ぐ。

 ■中国9月の輸出9.9%増

 中国税関総署が13日発表した貿易統計によると、9月の世界全体に対する輸出額(ドルベース)は前年同月比9.9%増となった。新型コロナウイルスによる打撃からの外需の復調を反映し4カ月連続で前年実績を上回った。輸入も13.2%増と3カ月ぶりにプラスを回復した。

 ■アップル、5G初対応のiPhone

 米アップルは13日、高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムに初めて対応したスマートフォン「iPhone(アイフォーン)12」シリーズを発表した。シリーズは4種類。ディスプレーに有機ELを採用し、税別価格は「12ミニ」の7万4800円から。

 ■EUも米へ報復関税可能に

 世界貿易機関(WTO)は13日、大手航空機メーカーの米ボーイング、欧州エアバスへの補助金をめぐる通商紛争で、欧州連合(EU)による年間最大で約39億9000万ドル(約4201億4700万円)分の米国からの物品やサービスに対する報復関税を認める仲裁決定を出した。

 ■韓国現代自動車トップ20年ぶり交代

 韓国の現代自動車は14日、グループトップの鄭夢九会長が名誉会長に退き、後任に長男の鄭義宣・総括首席副会長(49)が就くと発表した。トップ交代は約20年ぶり。新型コロナウイルスの感染拡大で自動車の需要は落ち込んでおり、経営の立て直しを図る。

 ■パリなど夜間外出禁止へ

 フランスのマクロン大統領は14日、新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、パリなど国内の計9都市圏に対し、17日午前0時から少なくとも4週間、夜間の外出を原則禁止すると発表した。午後9時から午前6時まで外出が禁じられ、店舗も午後9時で閉店を迫られる。

 ■世界全体の政府債務、GDP規模に

 国際通貨基金(IMF)は14日公表した財政報告で、2020年の世界全体の政府債務残高が国内総生産(GDP)合計額に対し98.7%とほぼ同規模となり、過去最大に膨れると予測した。新型コロナウイルス感染症へ対応するための各国の巨額の財政出動が影響する。

 ■BTS所属事務所、時価総額1兆円

 韓国の男性音楽グループ「BTS(防弾少年団)」の所属事務所「ビッグヒットエンターテインメント」が15日、韓国取引所に株式を上場した。同事務所はBTSの世界的な人気で急成長しており、時価総額は一時、11兆8800億ウォン(約1兆930億円)に達した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus