国内

フィンランドの公認サンタ、今年は来日せず コロナ禍が影響

 北欧のフィンランドから例年、クリスマス前に来日していたサンタクロースが、新型コロナウイルス禍を受け、今年の来日を取りやめたことが関係者への取材で分かった。サンタの来日は30年近く続けられていた。

 サンタは、フィンランド国内企業などでつくる「サンタクロース財団」の公認で、例年のクリスマスシーズン前、空路で成田空港に到着する様子が報道されるなど、冬の風物詩となっていた。

 公認サンタは来日のたびに被災地を訪れるなど子供たちと交流。昨年は、平成28年に熊本地震が起きた熊本県に入り、県のPRキャラクター・くまモンと記念撮影したり、地元の幼稚園児にプレゼントを渡したりした。しかし、今年はコロナ禍は世界レベルで広がっていることもあり、感染拡大が続く状況からやむなく中止を判断したという。

 「来日は試みた」というフィンランド航空の担当者は「公認サンタは訪問先で相手と直接ふれあうことが大事だと考えており、オンラインでの交流は考えていない」としている。(小川恵理子)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus