国内

静かなマスク会食は「弥縫策」 枝野氏が批判

 立憲民主党の枝野幸男代表は20日、新型コロナウイルスの新規感染者数が急増していることに関し、西村康稔経済再生担当相が「感染(拡大)がどうなるかは神のみぞ知る」と述べたことについて「責任を負えないことを自白した許しがたい発言」と批判した。国会内で記者団に語った。

 枝野氏は政府の新型コロナ対応について「あまりにも無策」と強調。菅義偉(すが・よしひで)首相が呼びかけた「静かなマスク会食」を「弥縫(びほう)策としかいいようのない、本質と違う話」とこき下ろした。

 感染再拡大のきっかけとの指摘もある政府の観光支援事業「Go To トラベル」については、感染が急拡大している地域での実施を中断すべきだと主張。新型コロナ対策の予備費を活用し、予約のキャンセルが相次いでいる宿泊施設などへの補填(ほてん)に充てるべきだとの考えを示した。

 

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus