海外情勢

中国・習主席「TPP参加を検討」 意欲表明は初

 【シンガポール=森浩、北京=三塚聖平】日本や米国、中国など21の国・地域が参加するアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が20日夜、テレビ会議方式で開催された。中国国営新華社通信によると、習近平国家主席は首脳会議での演説で、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)について「積極的に参加を検討する」と表明した。

 習氏がTPPへの参加意欲を示したのは初めてとみられる。米大統領選で勝利を確実にしたバイデン前副大統領がTPPへの態度を明確にする前に先手を打ち、自由貿易を擁護する開放的姿勢をアピールした。

 習氏は、中国が日本や韓国などとともに協定に署名した「地域的な包括的経済連携(RCEP)」を「歓迎する」とも述べた。

 トランプ米政権がTPPを離脱するなど「自国第一」の路線を邁進(まいしん)し、世界では新型コロナウイルス禍による経済低迷で保護主義的な動きが広がる。今回の首脳会議では、自由貿易の重要性を掲げてきたAPECが3年ぶりの首脳宣言を採択できるかが焦点だ。

 首脳会議には菅義偉(よしひで)首相やトランプ米大統領も出席。トランプ氏は大統領選での敗北が確実になって以降、ほとんど公務を入れておらず、初の国際会議への参加となる。

 APEC首脳会議は2018年、米中対立を背景に首脳宣言を取りまとめられず、19年は議長国チリの政情不安で会議そのものが開催されなかった。APECの存在感が低下しているとの指摘も出ている。

 今回の首脳会議では、自由貿易のさらなる推進や経済関係の深化、「コロナ後」の経済回復に向けた協力体制の構築などが主な議題となる。議長国マレーシアは首脳宣言の採択を目指しているが、会議のかじ取りは容易でない。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus