国内

コロナで若者の"クルマ離れ"に異変「6月を境に申し込み2倍」 (1/3ページ)

 若者たちのクルマ回帰が始まっているという。『若者たちのニューノーマル』を上梓したマーケティングライターの牛窪 恵さんは、彼らの買い方や使い方、クルマに求めることがこれまでと大きく変化していると指摘する--。

 待機教習生が出現

 「若者のクルマ離れ」が、叫ばれて久しい昨今。ですが私が取材した「Z世代」(おもに10代後半~20代半ば)の若者たちは、このコロナ禍で「クルマがあれば、(他人との)接触を気にせず買い物に行けるから欲しい」や「やっぱり免許、取ることにしました!」などと口々に言いました。

 とくに2020年は、いわゆる合宿免許が「GoToトラベル」の対象(10月末まで)とされたこともあり、自動車教習所で「教習まで何カ月待ち」という、待機児童ならぬ「待機教習生」が多く表出したとのこと〔出典:「くるまのニュース」(メディア・ヴァーグ/20年12月4日掲載記事)〕。

 そんななか、コロナ禍の20年6月以降に、若者の間で「クルマ人気」が高まったのではと直感していた企業があります。その名も「KINTO(キント)」、19年1月に設立され、国内で自動車のサブスクリプション(以下・サブスク/定額制課金)サービスを展開する、トヨタ自動車(以下・トヨタ)のグループ企業です。

 6月前後で若者の契約が2倍に

 「実は、20年6月1日前後の申込者数の比較で、驚くべき傾向が見られたのです」と話すのは、KINTOのサービス展開に、構想段階(18年1月)から関わってきた同・マーケティング部部長、藁谷直樹さん。

 彼が言う「驚くべき傾向」とは、KINTOにおける若い世代(18~29歳)の新規申込者数の伸び。5月末と6月1日を境に、前後5カ月間(1~5月、6~10月)で比較したところ、その数がなんと約2倍にも増えていたというのです。

 このころ、契約年数のパターンを増やしたり(3年に5年、7年契約を追加)、人気の車種(ヤリスクロスほか)をラインナップに加えるなどの策は施したそうですが……、それだけが原因ではないだろうことが、その後の同社の調査で見えてきたといいます。

 手軽さを実現するための工夫

 実はサービス開始当初から、藁谷さんたちには「消費者、とくに「クルマ離れ」を指摘される若者たちが、クルマをもっと“簡単で手軽に”利用できる世の中にしたい」との熱い思いがありました。

 もともと「KINTO」のネーミングは、理想の車を「筋斗雲」、すなわち『西遊記』の主人公・孫悟空が空を飛ぶ際に使う、架空の雲に例えたことに由来します。

 筋斗雲は、孫悟空が「乗りたい」と思ったときにすぐ現れ、自由自在に目的地まで運んでくれる。同じように、「必要な時にすぐに現れ、思いのままに移動できる便利なツールとして、クルマを手軽に利用してほしい」との願いが、KINTOの名に込められているのです。

 KINTOが、とくに若者を意識して打ち出したのが、「コミコミ月々定額払い」をはじめとした画期的なサービス。

 すなわち、毎月数万円程度の一定額を支払えば、頭金ゼロで自動車税やメンテナンス費用、さらに任意保険料まで付いてくる(別途契約して支払わなくていい)というものです。

 「まず若者の場合、初めてクルマを買うケースが圧倒的で、そうなると以前のクルマの『下取り』で得る原資が発生しない。また自動車保険の保険料も、一般には若い世代のほうが高額なので、初期段階でまとまった金額が必要になる。逆にこの部分を軽減できれば、クルマ離れにも一定程度、歯止めがかけられるだろうと考えました」

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus