国内

中国住宅価格、1月上昇進む 当局警戒

 中国国家統計局が23日発表した1月の新築住宅価格指数は、主要70都市のうち53都市で前月と比べ上昇した。上昇の都市数は前月から11都市増え、2カ月連続の増加となった。不動産市場に投資資金が流れ込んでいる可能性があり、当局は警戒を強めそうだ。

 首都北京市や上海市、広東省広州市など大都市は軒並み上昇。新型コロナウイルスの被害が深刻だった湖北省武漢市も上がった。下落や横ばいは地方都市に集中した。

 習近平指導部は「住宅は住むためのものであって投機対象ではない」と繰り返し強調。各地方政府は販売、購入に制限をかけるなど抑制政策を打ち出している。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus