海外情勢

中国、米に対話再開を提案 外相演説「不合理な関税」撤廃訴え

 中国はバイデン米政権に対し、米中間の対話再開を求めた。米政権との関係見直しに向けた中国側の新たな提案だ。

 中国の王毅外相は22日の北京でのフォーラムで、米中は友好関係構築のため、まず両国間で最も扱いやすい問題に対応すべきだと指摘。中国の学者やジャーナリストに対する制限解除を特に求めるとともに、ここ数年に課された「不合理な関税」を撤廃する必要性を改めて訴えた。

 王外相は「現在の状況下において両国は比較的容易な問題から始め、積極的に交流し、友好関係を構築し得る」としたうえで、米中には依然として世界のために「大きなことを成し遂げる」力があると述べた。さらに「米国側ができるだけ早急に政策を見直すことを期待している」とも語った。

 今回の演説は、春節(旧正月)連休前に行われたバイデン大統領と中国の習近平国家主席の電話会談後で最も注目を集める発言だ。双方ともトランプ前政権時代に揺らいだ関係の安定化を望んでいるが、バイデン氏は前政権の中国政策の多くを維持する意向を示唆している。

 習氏との電話会談でバイデン氏は、中国の強制的で不公正な経済慣行や新疆ウイグル自治区での人権侵害について懸念を表明した。一方、習氏は国内問題に干渉しないよう警告するとともに、誤解や誤算を回避するため対話メカニズムの再構築を呼び掛けていた。(Bloomberg News)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus