海外情勢

吉林、文化・観光企業支援へ 氷雪関連企業に補助金

中国新聞

 吉林省文化・観光庁はこのほど、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた文化・観光部門について、総合的な政策で関連企業を支援し、復興・発展を後押しする考えを示した。

 金旭東・副庁長によると、同庁は「吉林文化・観光20条」を起草。新たな政策には企業に対する補助金や各種費用の免除・減免措置、プロジェクトのサービス強化、金融エネルギーレベルの引き上げ、氷雪関連消費の優待券の普及などが含まれる。

 関連企業の支援においては、スキー場や氷雪観光地、アグリツーリズムの経営単位の水道・電気コスト、ならびに旅行会社に対して補助を支給する。2020~21年のシーズンに運営するスキー場に対しては、売上高に基づいて補助を出す。例えば21年1月21日までの売上高が1000万元(約1億6250万円)以上の場合、補助は200万元となる。

 同省は「氷雪の黄金緯度帯」に位置し、世界3大「粉雪基地」の一つ。近年、寒冷地の氷雪経済の発展を推し進め、関連企業は消費の潜在力を引き出し、第1四半期に幸先の良いスタートを切るうえでの重要な力となっている。

 昨年は新型コロナ感染症が同省の経済に深刻な影響をもたらし、文化・観光産業の被害は最も大きかった。同省は今年初めにも再度、新型コロナの「輸入症例」による影響を受けている。(中国新聞社)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus