海外情勢

テンセント83億ドル 本土外で最大調達、中国ハイテク攻勢

 中国の騰訊控股(テンセント)は本土外でのシンジケートローンで83億ドル(約8750億円)を集めた。中国企業がアジアで調達したオフショア協調融資としては2016年以来の規模となる。

 関係者によれば、テンセントへの融資には銀行12行が参加した。当初は60億ドルの規模だったという。同社最大規模となったこの融資で調達した資金は一般的な企業目的に充てられる。

 アリババグループが2月上旬にドル建て債50億ドルを起債するなど、中国ハイテク大手による資金調達が続いている。百度(バイドゥ)は同社最大規模となる可能性のある協調融資の確保を探っている。

 ブルームバーグの集計によると、テンセントの資金調達は中国企業によるアジアでの外貨建て協調融資契約としては、中国化工集団が16年に127億ドルを集めて以来の規模。(ブルームバーグ Apple Lam、Zheping Huang)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus