海外情勢

ブラジル・ルラ元大統領無罪で株急落 再出馬に道、市場動揺

 ブラジル連邦最高裁は8日、ルラ元大統領の有罪判決を無効とする判断を下した。左派の象徴的な人物であるルラ氏の次回大統領選出馬に道を開き得る決定に金融市場は動揺し、株式と通貨レアルが急落した。

 ルラ氏は収賄などで有罪判決を受けていたが、最高裁のファキン判事は、南部の都市クリチバの連邦裁判所に管轄権はないとして判決を取り消した。ルラ氏が政治の舞台に戻る可能性を嫌気し、8日の市場でブラジルの株価指標であるボベスパ指数は4%安で終了。世界の主要株価指数で最大の下落率となった。レアルは2%余り下げた。

 今回の最高裁判断で、元労働組合指導者で大統領を2期務めたルラ氏は念願の返り咲きに向け最大の機会を得ることとなる。ルラ氏は多くの国民を貧困から救い出したとして根強い人気がある一方、左派・労働党政権下での汚職や経済失策を象徴する人物だと右派の多くから指摘されている。

 2022年10月の大統領選にルラ氏が出馬する場合、現政権の改革派が推進する政策は頓挫する可能性があり、投票日が近づくまでは行われないとみられていた選挙討論が前倒しされる可能性がある。(ブルームバーグ Simone Iglesias、Matthew Malinowski)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus