小曽根真×真山仁対談

(下)人生60年に、何を想う (1/3ページ)

SankeiBiz編集部
SankeiBiz編集部

 ジャズ・ピアニストの小曽根真と小説家の真山仁という意外な二人の対談が実現した。二人はともに神戸に縁があり、しかも、同世代。音楽、小説、そして人生を忌憚なく語り合った。(前回の記事はコチラから)

 60歳という節目に、改めて音楽と向き合う

 真山仁(以下:真山) 60回目のお誕生日を迎える3月25日から、“BIRTHDAY SOLO”ツアーを始められるそうですね。だんだん自分の年齢を口にしたくない世代になるのに、堂々と還暦になったからツアー始めます!というのは凄い(笑)。

 小曽根真(以下:小曽根) この歳になるまで、ずっとピアニストとして、多くの方に応援してもらってきたことに感謝したいという想いが強かったんです。本当に色んな方に支えてもらったから、今の僕があるので。感謝の気持ちを込めて、「皆さんのお陰でこういう音楽が出来るようになりました、どうでしょう今の小曽根は?」と全国を巡りたいんです。

 真山 47都道府県全てでコンサートが予定されているんですよね。そのバイタリティにも脱帽です。まさに、感謝のツアーでもあるのでしょうけれど、同時に、原点回帰的な意味合いもありますか。

 小曽根 コロナ禍での53日連続ライブを経験したのも大きいと思うのですが、少し曲の作風が変わってきた気がします。元々、聴く人を喜ばせたいという思いが、音楽への原動力でした。今は、起承転結を大事にし、最後にカタルシスがある曲を書きたいと思い始めました。

 真山 ツアーに合わせて、3月3日には『OZONE 60』という二枚組のソロピアノアルバムもリリースされました。その中の「誰かのために(For Someone)」という曲を聴いて、あっ、これは今までの小曽根さんの作風と違うなと思いました。かなり哲学的な印象がある。なのに、心がザワザワする。これは、匠の技なのかなと。一番好きな曲です。

 小曽根 あれは祈りなんですよ。ずーっと続いていく日常を感じながら、そこにある人生の大切さを共有したいという気持ちで作り、演奏しています。邦題として「誰かのために(For Someone)」と付けていますが、これは2019年12月にアフガニスタンで殺害されたNGO(非政府組織)「ペシャワール会」の現地代表で医師の中村哲さんの言葉なのです。中村さんは、医師としてアフガニスタンなど紛争地帯で奮闘されただけではなく、現地で多くの井戸を掘り、灌漑(かんがい)事業に貢献したことでも知られていますよね。その行動規範が「誰かのために」でした。僕も、そんな気持ちで音楽と関わり続けたいと思うようになりました。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus