海外情勢

デジタル元越境取引は「条件熟せば」

ラヂオプレス

 中国新聞社によると、中国人民銀行(中央銀行)研究局の王信・局長はこのほど会見で、人民銀と香港金融管理局(中央銀行に相当)が「デジタル通貨」越境決済プロジェクトを進めていることについて「デジタル人民元は主に内地での小売り決済用に設計されているが、条件が熟したとき、市場に必要性があれば、デジタル人民元を使って越境取引を行うことは可能だ」と述べた。王氏によれば、人民銀デジタル通貨研究所と香港金融管理局は先ごろ、デジタル人民元の越境使用について技術テストを実施した。同研究所と香港金融管理局、タイ中央銀行、アラブ首長国連邦(UAE)中央銀行は2月、中央銀行デジタル通貨の越境決済における応用を模索するため、「多国間中央銀行デジタル通貨ブリッジ研究プロジェクト」を合同で発起。王氏はこれについて、「目的は、ブロックチェーン(分散型台帳技術)を利用した中央銀行デジタル通貨による24時間同時越境決済の実現を模索することにある」と述べた。(RP=東京)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus