海外情勢

GM、電動ピックアップトラック市場に参入 「シルバラード」生産へ

 米ゼネラル・モーターズ(GM)は6日、フルサイズピックアップトラック「シボレー・シルバラード」の電動モデルをデトロイト・ハムトラックの拠点で生産すると発表した。電動ピックアップトラック市場に参入する。

 マーク・ロイス社長は、現在「ファクトリー・ゼロ」と呼ばれるハムトラックの電気自動車(EV)製造施設で、スポーツ用多目的車(SUV)「GMCハマー」やピックアップトラックのシルバラードを生産すると明らかにした。

 同工場ではGM製バッテリー「アルティウム」を搭載したトラックやSUVなどを組み立てる予定で、電動シルバラードも計画に含まれていた。

 メアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)は販売する製品を2035年までに全てEVにする目標を掲げており、アルティウムは今後、他の車種にも使用される。

 GMによると、シルバラードのEVは1回の充電で走行できる距離が最低400マイル(約644キロメートル)。

 同社の株価は1.5%高の61.94ドルで終了し、終値ベースの過去最高値を付けた。一時は63.44ドルまで値上がりし、取引時間中の最高値も更新した。(ブルームバーグ David Welch)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus