疾風勁草

日本は3度目の核攻撃を甘受するのか 唯一の被爆国が議論すべき“生きる覚悟” (1/2ページ)

高井康行
高井康行

 日本への先制核攻撃を主張する動画投稿

 日本は、昭和20(1945)年8月6日午前8時15分広島に、同月9日午前11時2分長崎に核攻撃を受けた。われわれは、この両日を迎える度に、2度にわたる核攻撃の犠牲となった方々のご冥福を心から祈るとともに、核兵器の廃絶と恒久平和を強く祈念し主張し続けてきた。しかし、極めて残念なことに、核兵器は依然として廃絶されないばかりか、むしろ、拡散傾向にある。

 おりしも7月11日、中華人民共和国のネットに台湾有事に日本が介入したら、日本に核による先制攻撃を行うべきだとの動画が投稿され、それが翌12日にはアメリカにまで拡散したという。その後、その投稿は、当局によって削除されたとのことだが、当局による監視の厳しい中で、一時的にせよ、そのような投稿が許され、拡散した事実は、われわれにいろいろなことを考えさせる。

 まず、台湾有事の際の中華人民共和国の主敵はアメリカであり、日本ではない。それにもかかわらず、この投稿は、アメリカに先制核攻撃をせよとは一言も言わないで、日本に対してのみ先制核攻撃をせよと主張している。

 それは、もしアメリカに先制核攻撃を加えれば、アメリカから核による報復攻撃を受けることが確実だからである。もし、日本が核抑止力(核による第2撃能力)を保持していれば、このような投稿はなされなかったであろう。同じ理由で、先の大戦中に、日本が核抑止力を保有していれば、アメリカから核攻撃を受けることもなかっただろう。

 次に、この投稿から、拡大核抑止に関するアメリカの公約が効いていないことも分かる。拡大核抑止とはいわゆるアメリカの「核の傘」のことで、もし、日本が核攻撃を受けたらアメリカは自国に対する核攻撃と見做(みな)して核で反撃するという公約である。

 しかし、日本に対する核攻撃にアメリカが核で反撃すれば、次には、アメリカが核による攻撃を受けることになる。アメリカが、本当に、日本のために自国を核攻撃の危険にさらすのか、という不信感は以前から日本国内にも根強くある。

 「核の傘」は、その実効性が疑いを入れる余地もないほど信じられて、初めて、有効に機能する。もし、日本に対するアメリカの「核の傘」が信じられていれば、日本に対する核攻撃はアメリカに対する核攻撃と同一視されることになるから、今回のような投稿がなされることもなかったであろう。この投稿は、既に、アメリカの「核の傘」は破れていることも示している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus