株価・外為

東証、反落して始まる 利益確定売りが先行

 15日午前の東京株式市場で、日経平均株価は反落して始まった。前日終値比205円93銭安の3万0464円17銭で寄り付いた。

 平均株価はこのところ上昇傾向が続き、14日にはバブル経済崩壊後の終値最高値を更新して約31年ぶりの高値水準となっていた。14日のニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均が大幅反落したことが材料視され、朝方は当面の利益確定売りが先行している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus