海外情勢

日韓外相、慰安婦・徴用工問題でかみ合わず

 茂木敏充外相は23日、米ニューヨークで韓国の鄭(チョン)義(ウィ)溶(ヨン)外相と会談し、北朝鮮の核問題の解決に向けた連携を確認した。一方、慰安婦やいわゆる徴用工訴訟問題などをめぐって互いの要求がかみ合わず、議論は平行線に終わったもようだ。

 韓国外務省によると、鄭氏は慰安婦問題といった歴史問題に絡み、「解決策を導きだすため、ともに努力する必要性」を強調し、「外交当局間の協議を加速していこう」と述べた。

 日本政府による輸出管理厳格化措置を早期に撤回すべきだとも重ねて要求した。これに対し、茂木氏は日本側の立場を説明するのにとどまった。

 韓国側は、韓国の裁判所が日本側に賠償を命じた徴用工や慰安婦訴訟問題の解決に先立ち、日本側がまず輸出管理措置を撤回すべきだとの立場。日本側は日韓関係悪化の根本原因である徴用工訴訟問題などで韓国政府が抜本的な解決策を示すのが先決との立場で一貫しており、議論がかみ合ってこなかった。

 日韓外相会談は5月に英ロンドンで開かれて以来。協議は約50分間に及び、韓国側は「両国間の懸案解決や未来志向的な関係発展に向けて虚心坦(たん)懐(かい)に意見を交換した」としている。(ソウル 桜井紀雄)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus