国内

自民拉致対策本部 立民・生方氏発言に「言語道断」

 自民党は13日、北朝鮮による拉致問題対策本部(山谷えり子本部長)の会合を党本部で開いた。岸田文雄政権の発足後初めての開催で、政府与党が連携して拉致問題解決に取り組む方針を確認した。

 拉致問題担当相を兼務する松野博一官房長官は会合で「内閣を挙げて拉致問題に取り組む」とあいさつ。今後、拉致被害者による集会などに出席し、関係者の意見を直接聞く考えを示した。

 山谷氏は、立憲民主党の生方幸夫衆院議員が日本人拉致被害者について「生きている人はいない」などと発言したことに対し、「言語道断で謝罪して済む話ではない」と批判。「衆院選に勝って強い政権をつくり、全ての被害者の即時一括帰国に向けてしっかりと頑張っていきたい」と強調した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus