SankeiBiz for mobile

ドコモ「スリートップ」戦略転換 スマホ冬商戦、サムスン外れる可能性

ニュースカテゴリ:企業の情報通信

ドコモ「スリートップ」戦略転換 スマホ冬商戦、サムスン外れる可能性

更新

サムスン製「ギャラクシーS4」  NTTドコモが10月中旬にも発表する今冬商戦向け新型スマートフォン(高機能携帯電話)で、販売促進費を重点的に投入して廉価で発売する機種に、新たに富士通とシャープ製の端末を加える方向で検討していることが15日、分かった。

 ドコモは夏商戦向けモデルで、ソニーと韓国サムスン電子のスマホを重点機種に選び、実質値下げして販売する「ツートップ」戦略を展開したが、冬商戦では同戦略を見直してソニー、富士通、シャープの「スリートップ」戦略に転換することになる。

 夏商戦で重点機種に選んだソニーの「エクスペリア」、サムスンの「ギャラクシー」の2機種は、8月中旬までにソニー製が130万台前後、サムスン製が70万台前後を販売。それ以外の機種と販売台数に大きな格差がついた。

 グローバルな時代に

 ドコモは現在、冬商戦について端末メーカーと仕入価格の交渉中だが、ドコモへの依存率が高い国内メーカーは競争力のある価格を提示している。

 一方、主力スマホを世界各国で販売しているサムスンの新機種は割高なもようで、冬商戦ではサムスン製は重点機種から外れる可能性が高い。

 ただサムスンにしてみれば、日本市場でしか売れないドコモへの供給より、グローバル市場をターゲットにした供給先を優先したいのが本音。

 そこで浮上してきたのがソフトバンク。現在、同社向けには端末を供給していないが、米スプリントを買収したソフトバンクは設備や端末の共同調達を表明しており、サムスンにとって魅力的な供給先だ。

 ガラケー全盛期の人気メーカー撤退

 日本市場に進出して以来密接な協力関係にあったドコモとサムスンだが、スマホ市場のグローバル化とともに変化の兆しもみえてきた。

 ドコモの販売戦略をめぐっては、ツートップから外れたNECがスマホの開発・製造の撤退を発表。

 パナソニックも今冬の新製品供給を見送る方向で、国内メーカーに大きな影響が出ていた。

 経営再建中のシャープにとっては、スリートップに選ばれることは収益向上に追い風になりそうだが、一方でグローバル企業から国内通信事業者が選別される兆しも見え始めてきた。

 流出歯止めかからず

 ドコモは、米アップルのスマホ「iPhone(アイフォーン)」販売を検討してきたが、ソフトバンクとKDDIに先を越され、キラー端末と呼べる人気機種がないことが大きな痛手となっている。

 このため、特定端末を選定して値下げする方法でアイフォーンに対抗できる人気機種を育てたい考えだが、利用者の流出は止まらず、戦略の見直しが必要になってきたようだ。

ランキング