SankeiBiz for mobile

HMV、渋谷に「中古レコード専門店」 アナログ中心に8万点

ニュースカテゴリ:企業のサービス

HMV、渋谷に「中古レコード専門店」 アナログ中心に8万点

更新

 CDなど音楽関連商品販売大手のローソンHMVエンタテイメント(東京都品川区)が8月に、大型の中古レコード専門店を東京・渋谷に開業することが18日、わかった。アナログレコードを中心に、レコード針などの関連品、中古CDも販売する。大阪など主要都市に出店することも検討している。

 既存の中古レコード専門店は、中小事業者が多く、東京都心などでは店舗面積100平方メートル以下がほとんど。これに対し、新店舗「HMVレコードショップ渋谷」は500平方メートルで、取り扱いアイテムも8万点程度と、中古専門としては大規模だ。イベントスペースも設置する。

 40~60代をメーンターゲットとするが、アナログレコードを知らない若い世代の取り込みも狙う。同社のバイヤーが英国や米国で直接買い付けし、1960~90年代のロックやジャズなどの洋楽中心の品ぞろえで差別化を図る。これらのレコードは希少性があり、平均価格は1枚3000円程度を想定している。

 アナログレコードは世界的に販売が増えている。大手調査会社によると、2008年に190万枚程度だった米国での販売は11年に380万枚に倍増。英国でも13年の販売が08年の2.5倍に達するとみられている。日本国内の統計はないものの、ローソンHMVは「今後も需要は拡大する」と判断した。

ランキング