SankeiBiz for mobile

“若者のガム離れ”製菓各社が危機感 想定外の調査結果「スマホが需要奪う」

記事詳細

“若者のガム離れ”製菓各社が危機感 想定外の調査結果「スマホが需要奪う」

更新

 若年層のチューインガム離れが進み、ガムの需要全体が縮小の一途をたどっている。

 国内販売額は2013年まで9年連続で前年を割り込み、ピークだった04年の1881億円と比べて3分の2に減少。危機感を募らせた製菓各社は、新商品の投入やヒット商品のリニューアルだけでなく、ガムに親しみをもってもらうための啓発活動にも取り組んでいる。ただ、需要を奪ったのはスマートフォン(高機能携帯電話)だという想定外の調査結果もあり、需要の底上げには従来にはない新機軸の対策を迫られている。

 57年ぶり大幅刷新

 「当社のガムでは原点といえる看板商品だけに、開発には力を入れ、おいしさとミントの爽やかさを追求した」

 国内で推定50%程度のシェアを握るガム最大手のロッテは、新「グリーンガム」(想定小売価格は税抜き96円前後)を4月下旬に投入。河合克美常務は直前の発表会で、1957年の発売以来57年ぶりとなる大幅な刷新により、強化を図った商品力をアピールした。

ランキング