SankeiBiz for mobile

アップル、サムスンの壁打ち破れるか 京セラ“頑丈スマホ”の独自性

ニュースカテゴリ:企業の情報通信

アップル、サムスンの壁打ち破れるか 京セラ“頑丈スマホ”の独自性

更新

京セラ製の頑丈スマートフォン「トルク」  スマートフォン市場は米アップルと韓国サムスン電子の「2強」に加え、中国メーカーの台頭もあり競争が激化するばかりだ。日本勢は苦戦が際立ち、ソニーがスマホ事業で2千億円超の赤字を計上する見込みで、パナソニックは個人向けから撤退した。そんななか、海外展開を加速させて気を吐くのが京セラだ。

 国内シェアで5%程度にとどまる京セラのスマホはむしろ海外で人気が高い。それを支えているのが「頑丈」という独自性だ。

 京セラの「トルク」はぶつけたり、落としたりした衝撃に強いだけでなく、灼熱、極寒などの過酷な環境下での使用を想定し、マイナス30度から60度までの温度変化にも耐えられるという。高い防水・防塵性能を備え、米国防総省の調達基準を満たしている。

 一昨年2月に北米市場に投入すると、頑丈さを求めていた層から人気を集め、昨年には中南米で発売。今年はドイツやフランスなど欧州市場で発売した。トルクの好調を受け、京セラはスマホなど通信機器関連事業の平成28年度の売上高を27年度予想比10%増の2250億円を目指す。

 高い工作精度が求められる防水・防塵性能は日本メーカーの得意分野で、腕時計ではカシオ計算機の「G-ショック」が評価されている。一方の海外メーカーではアップルが利用者からの要望が多いにもかかわらず、最新スマホ「iPhone(アイフォーン)6」で防水機能を搭載できなかった。

 頑丈スマホの人気を受け個人向けから撤退したパナソニックも法人向けに頑丈スマホを開発。運送業者などへの納入を目指す。

 スマホは価格競争の激化に加え、部品さえ集めればだれでもつくれる「コモディティー(汎用品)化」が進み、日本勢の収益性は悪化の一途をたどる。京セラの成功は独自性を究めることが日本メーカーが生き残る道であることを示唆している。(藤原直樹)

ランキング