SankeiBiz for mobile

電機大手、テレビ事業で明暗 営業増益は日立とソニーだけ…シャープとパナ苦戦

ニュースカテゴリ:企業のメーカー

電機大手、テレビ事業で明暗 営業増益は日立とソニーだけ…シャープとパナ苦戦

更新

シャープの4K液晶テレビ  利益水増し問題で決算の確定が遅れている東芝を除く電機大手7社の2015年4~6月期連結決算が31日出そろった。

 本業のもうけを示す営業損益は3社が赤字、2社が減益で、増益を確保したのは日立製作所とソニーの2社だけだった。

 テレビ事業の構造改革の進捗(しんちょく)などで明暗を分けた格好。全社が16年3月期見通しを据え置いたが、中国で景気悪化の兆しがあり、外部環境の変化が大きくなれば通期業績にも影響が出そうだ。

 営業損益などが赤字になったシャープは、家電部門で117億円の営業損失を計上したことが響いた。パナソニックもテレビなど家電部門が苦戦し、営業減益だった。

 テレビからいち早く撤退した日立や、高付加価値商品へのシフトでテレビ事業が70億円の黒字になったソニーが、営業増益を達成したのとは対照的だ。

 ソニーはスマートフォン事業が赤字だったが、好調な画像センサーやゲーム事業でカバー。オリンパス株の売却益468億円もあり、最終利益は4~6月期としては過去最高だった。

 不安材料は世界景気の動向だ。シャープの榊原聡取締役は「中国で(テレビの)実売が鈍っている」と述べた。

 中国でのスマホ向け生産設備などが業績を牽引(けんいん)してきた三菱電機は、「中国市場は7~9月期にかけて徐々に厳しくなってくる」(松山彰宏常務執行役)と危機感を示した。

 ■電機大手7社の2015年4~6月期連結決算

 (売上高/営業損益/最終損益)

 日立製作所 2兆3140(6.9)/1153(2.7)/549(31.3)

 パナソニック 1兆8578(0.3)/765(▲ 7.0)/595(56.9)

 ソニー 1兆8080(▲0.1)/969(38.8)/824(3.1倍)

 富士通 1兆650 (▲0.3)/▲273(-)/▲189(-)

 三菱電機  9884(8.5)/546(▲7.9)/463(7.7)

 シャープ  6183(▲0.2)/ ▲287(-)/▲339(-)

 NEC   5865(▲2.0)/▲100(-)/▲100(-)

 ※単位:億円。カッコ内は前年同期比増減率%。▲はマイナスまたは赤字。-は比較できず。日立、富士通は国際会計基準、パナソニック、ソニー、三菱電機は米国会計基準、シャープ、NECは日本基準

ランキング