SankeiBiz for mobile

日本の町工場が映画に込めた未来図 「未来シャッター」が好評

記事詳細

日本の町工場が映画に込めた未来図 「未来シャッター」が好評

更新

 国内有数の町工場の集積地で、映画の街だった蒲田(東京都大田区)を主な舞台にした映画「未来シャッター」が好評を博している。同区の町工場がスクラムを組んで国産マシンを開発し、冬季五輪日本代表チームによる採用を目指す「下町ボブスレー」など、首都圏の中小企業が主導して進める新たなモノづくりの仕掛け人たちが出演。中小企業が進むべき方向性を指し示す内容になっている。

 随所に和の精神

 タイトルの「シャッター」は、現代人が抱えるさまざまな境界線上の壁を意味する。この壁を乗り越えられないでいる3人の主人公が、地域の人たちと関わりながら解決の糸口を探るのが映画のストーリーだ。

 製作・プロデュースしたのはNPO法人「ワップフィルム」。拠点を置く蒲田の「キネマ通り商店街」は昼間でもシャッターを下ろしたままの店が少なくない。その一角を改造し「キネマフューチャーセンター」とし、活動している。蒲田には戦前に松竹の撮影所があり、映画の街として知られていた。

 NPOだけあって映画の配給方法は独特だ。企業や団体が有料で作品を借り、上映会を開く。観賞後には、テーブルを囲んで観客同士が話し合うことを基本スタイルとしている。

このニュースのフォト

  • 映画の監督を務めたワップフィルムの高橋和勧理事長

ランキング