SankeiBiz for mobile

「ピカチュウの巣」無言でスマホの異様光景 来園者がいなかった公園に異変

記事詳細

「ピカチュウの巣」無言でスマホの異様光景 来園者がいなかった公園に異変

更新

 世界的な人気を集めるスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」の国内配信開始から7月29日で1週間を迎えた。珍しいキャラクターが入手しやすいとされる市街地の公園には連日、早朝から深夜までスマホ片手のユーザーが引きも切らずに押し寄せ、現実世界の光景を様変わりさせた。その一方で来園者による路上駐車やごみ問題も発生。ポケモンをめぐる騒動はまだ収まる気配がない。(井上浩平)

<< 下に続く >>

 「ピカチュウが出た!」

 28日深夜、大阪市北区の扇町公園。学生風の男性が興奮気味に声を上げた。薄暗い園内では、電池切れに備えて予備のバッテリーを取り付けたスマホの画面を、多数の若者が食い入るように見つめていた。

 同公園は出現率が低いポケモン・ピカチュウが入手しやすいスポットとされ、ファンの間では「ピカチュウの巣」と呼ばれる。ゲームの配信以来、昼夜を問わず祭りのようなにぎわいを見せている。

 最終電車の後も乗用車で足を運ぶ人が少なくない。公園の周囲では、滋賀や神戸ナンバーの車も路上駐車し、車内でゲームに興じる姿がみられた。

このニュースのフォト

  • ポケモンGOを楽しむ人たちで深夜までにぎわう扇町公園。小学生くらいの子供の姿も見られた=28日午後11時半ごろ、大阪市北区(井上浩平撮影)
  • スマートフォンを手にポケモンGOを楽しむ人たちでにぎわう扇町公園=28日午後4時半、大阪市北区(井上浩平撮影)

ランキング

Facebook Messanger登録

あなたに合わせたニュースを毎日お届け

Facebook Messangerを登録した時のイメージ画像です