SankeiBiz for mobile

【新商品】有沢製作所「インビトロフラワー トレニア ブルー」

記事詳細

【新商品】有沢製作所「インビトロフラワー トレニア ブルー」

更新

 ボトルの中で育つ花が登場。in vitro(インビトロ)とは、ラテン語で「ガラスの中で」という意味で、今回はクリアボトルを使用した。ボトル内を無菌に保持し、中のジェルには植物の成長に必要な栄養分を含ませているため、水や肥料を与えるなどの手がかからずに、ただ置いておくだけで成長を観察できたり、花が咲くことを楽しめたりする。植物の生育期間は約2、3カ月。インビトロフラワーの花が枯れてしまった、もしくは大きくなって窮屈そうだというときは、植木鉢に植えることができる(順化)。順化の課程では、植物の取り出しと洗浄のほか、乾燥の防止を要する。価格は、ジェルの色で異なる。クリアは1944円、ブルー・グリーンは各2160円。いずれも送料込み。アマゾンで先行販売中。

<< 下に続く >>

 (電)025・524・1922

 www.arisawa.co.jp

ランキング

Facebook Messanger登録

あなたに合わせたニュースを毎日お届け

Facebook Messangerを登録した時のイメージ画像です