SankeiBiz for mobile

働く女性のためのワンピース提案 アユワ・渡部雪絵社長

記事詳細

働く女性のためのワンピース提案 アユワ・渡部雪絵社長

更新

 働く女性をターゲットにしたオリジナルデザインのワンピースを手がけるアユワ。ブランドの立ち上げからまもなく2年を迎える。社長の渡部雪絵さんが最初に考えたのは婦人服とはまったく別のビジネスだった。

<< 下に続く >>

 ◆始めは「紙おむつ」

 渡部さんは大学卒業後、銀行で法人営業、報道機関で金融担当記者、証券会社の法人業務などを経験。2012年に第1子を妊娠した当時、務めていたファンド運用会社では契約社員だったこともあり、上司から退職を勧められてしまった。

 その後、週3日勤務のコンサルタント会社で働き、出産を迎える。仕事を続けるために保育園探しをする中で、「起業やフリーランスで働く人でも、子育てと仕事が両立できるような社会システムを自ら作りたい」と起業を考えた。

 そのときに思いついたビジネスプランは、オーガニックコットンを使った子供用紙おむつの製造販売だった。当時、海外製で近いものはあったが、オーガニックコットンでできた日本製の紙おむつはなかった。

 事業計画書をまとめ、知り合いのあるベンチャー企業役員に相談したところ、「子供が20歳になったときにそのビジネスを続けたいか」と聞かれ、返答に窮した。「もし生活に困っていないのなら、好きなことをもう少し広げて考えたらどうか」とアドバイスされた。

 ビジネスプランを練り直し、ワンピースに目を付ける。簡単に着こなせることから、基本の仕事服はワンピースだった渡部さん。「100%、納得できるワンピースには巡り合えたことがない。だったら、オリジナルのワンピースを作って働く女性に提案したい」とアユワを立ち上げた。

このニュースのフォト

  • アユワが5月に伊勢丹新宿本店に期間限定で出店したショップ=東京都新宿区(アユワ提供)

ランキング

Facebook Messanger登録

あなたに合わせたニュースを毎日お届け

Facebook Messangerを登録した時のイメージ画像です