SankeiBiz for mobile

「老舗」企業の破綻が止まらない 成功体験抜け出せず 新興企業も増え「寿命」も低下

記事詳細

「老舗」企業の破綻が止まらない 成功体験抜け出せず 新興企業も増え「寿命」も低下

更新

 企業倒産に占める「老舗企業」の構成比は2011年以降、7年連続で30%以上を維持している。老舗は、長年の取引実績で信用を得ているが、金融機関が将来性などを判断して貸出を行う「事業性評価」に動き出し、成功体験から抜け出せず倒産に至るケースも多い。一方、「新興企業」の倒産は構成比は前年より上昇。国などが推し進める創業支援で事業を立ち上げても、経営計画の甘い経営者も少なくない。(東京商工リサーチ特別レポート)

<< 下に続く >>

 本調査は、2017年に倒産した8405件(負債1000万円以上)のうち、創業年月が判明しない1087件を除く7318件を対象に分析した。業歴30年以上を「老舗企業」、同10年未満を「新興企業」と定義し、業歴は法人企業が設立年月、個人企業は創業年月とした。

◆「日本型金融」の退潮も逆風に

 2017年に倒産した老舗企業は2288件(構成比31.2%)だった。構成比は前年より1.0ポイント低下した。企業倒産に占める老舗企業の構成比は2011年以降、7年連続で30%以上を維持している。

 老舗は、不動産や内部留保などの資産が厚く、長年の取引実績で金融機関や取引先の信用を得ている。ただ、金融機関が業績や個人保証、担保などに依存した「日本型金融」から、将来性などを判断して貸出を行う「事業性評価」に動き出し、環境が変化している。

 過去の成功体験から抜け出せず新たな取り組みに遅れたり、グローバル化や多様化するニーズのなかで新たな生産性向上への投資もできず、倒産に至るケースも多い。

 一方、新興企業の倒産は1793件(構成比24.5%)で、構成比は前年より2.1ポイント上昇した。国や自治体などが推し進める創業支援で事業を立ち上げても、一時のブームに乗っただけで経営計画の甘い経営者も少なくはなく、構成比を押し上げた。

このニュースのフォト

ランキング

Facebook Messanger登録

あなたに合わせたニュースを毎日お届け

Facebook Messangerを登録した時のイメージ画像です