SankeiBiz for mobile

過酷すぎ? モバイルバッテリー釘刺し、火あぶりに Cheeroの「安全性試験」がガチすぎる

記事詳細

過酷すぎ? モバイルバッテリー釘刺し、火あぶりに Cheeroの「安全性試験」がガチすぎる

配信元:ITmedia ニュース 更新

 「ダンボー」のモバイルバッテリーなどでおなじみの、スマートフォンアクセサリーを製造販売するCheero(ティ・アール・エイ、本社は大阪市)が、同社製モバイルバッテリーの安全性をテストする様子を収めた動画「Cheero製モバイルバッテリー 脅威の安全性 耐火試験【完全版】」を公開した。

<< 下に続く >>

 動画では、モバイルバッテリーをくぎで刺す、1000度近い温度のガスバーナーであぶるなどの過酷なテストを実施し、爆発・発火しないかを確認。近年はモバイルバッテリーの発火事故が複数報告されたり、スマートフォン内のバッテリーが発火する事故もあったりと、バッテリーに対する不安や不信感がますます高まっているように思える。いちスマホユーザー兼モバイルバッテリーユーザーとしても「いつか自分の所有物も発火してしまうのでは」と不安な日々を過ごす中、モバイルバッテリーをいじめ抜いている、ある種やりすぎ(?)なこの動画を発見した次第である。

 他社メーカーもこれほど“ガチな”試験を実施しているものなのか。ティ・アール・エイの東享社長に、同社の安全への取り組みやモバイルバッテリー利用時の注意点などを聞いた。

 モバイルバッテリー事故は減る?

 -- 最近はモバイルバッテリーが発火する事故がニュースで取り上げられることが増えましたが、モバイルバッテリーを製造・販売する上でここまで過酷なテストをしているとは知りませんでした。今回、安全性試験の動画を公開した理由を教えてください。

ランキング

Facebook Messanger登録

あなたに合わせたニュースを毎日お届け

Facebook Messangerを登録した時のイメージ画像です