SankeiBiz for mobile

【高論卓説】働き方改革が人事部門にもたらすもの 一律管理から多様な社員対応へ転換

記事詳細

【高論卓説】働き方改革が人事部門にもたらすもの 一律管理から多様な社員対応へ転換

更新

 働き方改革関連法が衆議院での可決を経て、参議院本会議で可決され、成立した。2019年4月から順次適用される。残業時間が年720時間、月100時間未満に規制され、違反した場合の罰則規定が設けられたり、一定日数の有給休暇取得が義務化されるなど、長時間労働が抑制される。一方、裁量労働の適用範囲が拡大されたり、年収1075万円以上の特定の専門職を残業規制から除外する高度プロフェッショナル制度が導入されたりするなど、働き方の多様化も拡大する。

<< 下に続く >>

 企業の人事課題の解決や、能力開発をサポートしている中、働き方改革に関連した相談は月を経るごとに増えているが、その内容は、次の3点に大別される。(1)働き方改革関連法が適用されるにあたり、企業が実施しなければならないことは何か(2)労働時間が短くなる中、生産性を上げるにはどうすればよいか(3)働き方がさらに多様化する状況下、さまざまな社員の意欲をどのように高めていけばよいか-という点だ。

 1点目の企業が実施しなければならない点に関しては、働き方改革関連法に照らして企業が実施すべきことを網羅することにとどまらない。自社の働き方をどうしたいのか、どこに主眼を置くかを見極め、その点に注力して改革を進めることが肝心だ。そのために、労働環境に関する課題の洗い出しや絞り込み、解決策のアイデアの創出、実行プランの確度向上などのサポートをしている。

ランキング

Facebook Messanger登録

あなたに合わせたニュースを毎日お届け

Facebook Messangerを登録した時のイメージ画像です