中小企業

ポークたまごおにぎり本店 来年台湾進出、多店舗化へ

 ポークたまごおにぎり本店(那覇市)は、沖縄以外のエリアに本格進出する。福岡に県外初の店舗を開設したのに続き、2019年には台湾・台北市に進出。福岡と台湾を拠点とするような形で、国内外で多店舗化を図っていく方針だ。

 ポークたまごおにぎりは、沖縄の“ソウルフード”と呼ばれて、沖縄には3店舗で販売している。行列必至の人気店で、多いときには1日に2000個を売り上げる。

 外国人の間でも人気が高く、とくに台湾からの観光客の支持を集めている。台北市と沖縄は場所的にも近く、台北はアジアの情報発信拠点としての役割も果たしていることから、初の海外店を開設することしした。台北の後はシンガポールなどへの進出も視野に入れる。

 また、国内では東京や大阪といった大都市での事業化計画を進めていく。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング