講師のホンネ

仕事は「本質」か「方法」か? 現場で望まれる人材とは

 ブライダルのプロデュース会社を経営しながら、2016年から京都造形芸術大学芸術学科で婚礼文化の研究を行っている。婚礼文化に興味を持ったのは婚礼にまつわる事柄には全て意味があると知ったからだ。(婚礼文化研究家・鈴木一彌)

 使用する道具、手順や作法など、あらゆることに意味が存在する。

 現在は、埼玉女子短期大学と東京観光専門学校で、将来ブライダル業に進みたいと望んでいる学生に向け、仕事の本質を大切にすることの重要性を伝えている。

 先日、こんな事件があった。教え子のある学生が、某結婚式場のインターンシップに応募、指導係の先輩と一緒に接客をしていた。

 新婦の両親から「日本の結納は、何のために行うのですか?」と問われ、指導役の先輩は言葉に詰まってしまった。とっさに、同席していた学生が機転を利かせて答えた。

 「結納には、婚約に値する意味があり、古来、日本では、(1)結納式(2)挙式(3)披露宴の一連の儀式を結婚式と呼んできました」

 「近頃は省略される方もいらっしゃいますが、地域により風習も異なります。また、結納式の当日は、ご両家で挙式までの準備のご相談もできますし、婚約としても認知されますので、両家でよくご相談されることをお勧めします」

 お客さまは、「しきたりを知った上で、どのように行うかは、両家で決められるのですね」とたいそう満足されたそうだ。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング